Pocket
Facebook にシェア

パッティングには正解というものはありません。どのように構えても、どんな強さで打ってもカップにボールを沈めればいいのです。

 

だからこそ、自分のパッティングスタイルを見つけて下さい。

スポンサードリンク

ゴルフ初心者のスコアアップはパターを知る。

 

左右の振りを同スピードにしてストロークします。

 

「パットにスタイルもメソッドもない」というゴルフ格言があるほどで、パットはどんな構えでもどんな打ち方でも構いません。

 

極論するなら「入ればすべて良し」なのです。

 

しかし、基本は存在します。

パターの芯で打つ

それは「芯で打つ」ことであり、そのためにはまず愛用パターの芯の位置を知ることです。

 

パターフェースを真上に向け、フェース面上にボールをポンポンと当ててみてください。

 

ヘッドがボールの衝撃に負けない、当たっても動かない場所、しかも打球音、打球感の良いポイントが必ずあるはずです。

 

そこが愛用パターの芯の位置す。

 

その芯の位置でボールを打つと方向性も距離感も合います。
DSC_7689

打ち方としては、手首を使わずに打って下さい。ノーコックのアプローチショットと同じです。

 

ヘッドの振り上げ、振り出しも同じスピードにし、全体のストローク幅の中でインパクトを迎えるようにします。

 

それが芯で打つ秘訣です。

パターのグリップオンリーワン。

振りやすさ、構えやすさを優先させて選択しましょう。

 

パットのグリップは、「スタンダードグリップ」のほか、

グリップエンド側を右手で握る「クロスハンドグリップ」、

右手をほとんど添えるだけで、左腕主体でストロークする「クローグリップ」など種類は多いです。

それぞれのグリップに特徴がありますから、実際に試してみてストロークしやす
いグリップを選びましょう。

DSC_7915

DSC_7924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好みのパターとスタイル。

また、グリップ以上に豊富な種類があるのがパターのヘッドです。

ブレードタイプやマレット型のヘッドに加えて、ネック形状も様々あり、振りや
すさ、構えやすさで選択して構いません。


パットグリップもパターも十人十色。それだけ奥が深いのです。

 

パットラインはタッチの強弱で決めます。


自分のパットスタイルを把握することが大切です。そのためにも片手でストロー
クしてみましょう。

 

左右どちらの手で打ったほうが方向性、距離感を出しやすいのか。特に優先する
のは距離感です。

 

カップの左右(方向性)よりも前後(距離感)に外すケースが圧倒的に多いからです。

 

距離感を出しやすい手を基準にして、自分に最適なグリップを作り上げましょう。

 

距離感も人それぞれです。たとえば距離1~2メートルのスライスラインでもカップに対して直線的に打ったほうが打ちやすい人もいれば、

 

ジャストタッチで緩やかな曲線のラインにボールを乗せて打ったほうがタッチを出せる人もいます。
DSC_8059

パットラインが直線的なのか曲線的なのかは、距離感の出し方次第で大きく違ってきます。

 

パットに正解も不正解もありません。

 

カップインさせられる打ち方が、あなたにとって最適のパット法だと理解してください。

 

スポンサードリンク

ゴルフ初心者のスコアアップはアプローチ。

アプローチはショットとパッティングのエキスが詰まったストロークです。

 

よく初心者にティーチングプロが「時計の何時から何時まで、手首を使わないで~」とやりますが、

 

実はあのエリアというのはアプローチだけでなくパッティングもドライバーのストロークも含まれているのです。

 

あの動きでスクエアの感覚を覚えていくわけです。

 

 

アプローチが苦手な人はこの基本ができていません。基本的には45度から45度のエリアからはじめます。

 

なぜかというと、このエリアはリストやヒジのヒンジングが入らないエリアなんです。

 

つまり、手や腕の関節を曲げる動作が入らないのでとてもシンプルです。

 

アプローチの考え方は、「アプローチは上から打ち込むもんだ」と考えてダフったりトップする人がいます。

 

ですが、発想を180度変えて、アプローチはすくって打つもんだと教えるコーチもいます。

 

もちろんノーマルなライの場合ですが、そこで最初にやるのがピッチングウエッジをもってボールを置き、フェースにボールを乗せて運ぶドリルです。

 

これをやったあとに打ってもらうと、直前までダフっていた人がウソのようにちゃんと打てるようになるようです。

 

単純ですが非常に効果があるようなので、アプローチが不得意な初心者の方は一度試して下さい。

 

飛ばない人はボールがフェースに乗りませんよ。

 

アプローチでも手でヒュッとやっちゃう人は、ボールが滑ってフェースに乗らないのです。

 

ですから、基本的にはボールを打ち込む必要はまったくありません。

 

これができたら45度ー45度から発展させて、90度ー90度、130ー130度、というふうに振り幅を大きくしていけばいいのですが、ここで表を作ってもらえると効果的です。

 

たとえば30度からスタートしたら、45度、90度、130度と、4つの振り幅があります。

 

これに対してSW、AW、PWと3つのウエッジで、それぞれが何ヤード飛ぶのかをメモして表を作って下さい。

 

9番アイアンを加えて4本にしてもいいでしょう。キャリーとトータルの距離を把握しておけば完璧です。

 

そうすれば、たとえばPWの45度で60ヤードだったとしても、同じ距離を打てるクラブと振り幅の組み合わせがいくつか出てきます。

 

これがわかるとコースに行っても状況次第で攻め方をセレクトできます。

 

SWで上げて60ヤードとか、PWで低く60ヤードとか、ボールとグリーンまでの状況によって攻め方を使い分けることができるのです。

スポンサードリンク

ゴルフ初心者のスコアアップのまとめ。

1、自分の愛用するパターの芯を見つける。

2、自分の好みのパターグリップを見つける。

3、距離感を掴む。

1~3はすべて大事です。


ですが、やはりパターの芯を見つけてそこにボールを当てる
練習を毎日行って下さい。

 

100を切れない初心者ゴルファーから90切りゴルファーに成長できますよ。

 

その練習器具が、「藤田マット1.5パターマット」です。シングルプレーヤーは必ず持っている練習器具です。

Tabata(タバタ)Fujita(藤田)マット1.5

 

家の廊下に置いて練習するゴルファーがとても多いですね。

【TABATA Fujita Mat1.5】藤田マット 1.5

 

常にパターの芯にボールを当てる練習とショートパットの感覚を掴むことであなたのスコアーは見違えるほどよくなります。

 

ライバルに差をつけるなら自宅で練習できるパター練習器具はマストですよ。

是非試して下さい。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを!!