Pocket
Facebook にシェア

イボミプロもジュニア時代に使っていた練
習器具です。

スポンサーリンク

インパクトバックをスイングで叩く。

インパクトバックを使った練習の効果
は、
インパクトでボールをヒットす
る感覚が身につきます。

 

初心者の方でもボールを強く叩くことに
対する恐れが消え、
パワーを出しても大
丈夫という感覚です。

 

インパクトがボールを強く叩く動作
であることを体で理解して下さい。

 

ボールを強く打ち抜く感覚を磨くためには、
大きなものを
インパクトで叩く
がもっとも効果的なのです。

インパクトバックという専用の練習器具を
使って練習して下さい。

上記のイラストを参考にして下さい。

 

インパクトバックを正しい形で打ち抜くこ
とで、自然と
手元から10cm押し込んだイ
ンパクトが身に付き、ボールに
エネルギー
を伝える感覚が養われます。

 

その他、軽い棒、例えばスティック棒なの
でインパクトバックを連打する方法も効果
的です。

 

スナップでボールをヒットする感覚が身に
付きます。

 

手首のスムーズな動きとスナップを使う感
覚が養われます。

 

いろいろな方向から叩くことで、さまざま
なスイング軌道に手首が
自然にアジャスト
する感覚も磨かれ、傾斜地の対応力も上が
ります。

叩く動作の中で、手首を柔らかく使ってタ
メを作り、
ヘッドを走らせる感覚を養うに
は、軽い棒でドラムを
叩くような動作を繰
り返すのが効果的です。

 

連続で叩くことによって金づちをふるうと
きの
ような手首のやわらかな動きが自然と
発生し、
ひじ、手首というリリースの順番
も養われます。

 

軽いものを速く振ることで力みをなくし、
自然と
手首のスナップが使えるようになり
ます。

 

正しいスイングを作るにも大変効果的です
ので自宅の庭
などにおいて練習して下さい。

 

スポンサードリンク

商品はアマゾンでご購入できます。