Pocket
Facebook にシェア

ゴルフは14本のクラブを駆使してプレーしますので、さまざまな球技の中でも、クラブ(道具)への依存度がとても高いスポーツです。

 

ですから、ゴルフ初心者はクラブの仕組みと特性を知ってから、ゴルフを始めると早く上達します。そして、ゴルフの上達に合わせてドライバーやアイアン等を変えて楽しんで下さい。

ゴルフ初心者の方におすすめ、クラブのメカニズムを知ろう。

ゴルフクラブは14本のセットの重量と長さがスムーズにフローしていることが望ましいとされています。

 

ヘッドスピード(HS)の速い人ほど全体的に重く、遅い人ほど全体的に軽いように揃えた中で、ドライバーが最も長くて軽く、パターがもっとも短くて重くなります。

 

ではそのドライバーを参考にゴルフクラブは「4つのパーツ」でできていることを紹介します。

アマゾンで、お買い物をもっと楽しく!もっと便利に

Amazonの「プライム会員」になると豊富な品揃えを最短翌日に無料でお届けすることができます。さらに・・・

Prime Video限定オリジナル作品や小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書そして、音楽も聞き放題です。
⇒このプライム会員サービスは《30日間無料です。しかも登録後のキャンセルも自由で安心です。

⇒すぐに申し込む!!

ゴルフ初心者が知って得するクラブの知識、構成するパーツは4つ。

1、ヘッド・・・
クラブの基本性能を左右するメインパーツで
ボールを打つパーツです。

クラブ自体の機能を左右するもっとも重要なパーツと言えます。

 

ゴルファーに、
Q:クラブは何を使っていますか?と聞けば・・・

A:ヘッドのモデル名かメーカー名を答えるのが一般的ですね。

 

例えば、イボミのドライバーを例えれば、「本間」とか、Be ZEAL(ビゼール)と答えるでしょう。

 

事実上クラブそのものといってよいでしょうね。

 

ヘッドの構成は、ドライバー、フェアウェイ、UT、アイアン、ウエッジ、パターなど形状別にいくつかのカテゴリーに分類できます。

 

ヘッドはクラブ重量の半分以上を占めるメインパーツで、飛距離やスピンの性能などを決定づけますよね。

 

2、シャフト・・・
ヘッドを振るための棒の部分で、クラブの振り心地を大きく左右するパーツです。

主にカーボンファイバー製のものと、スチール製のものがあります。

 

フレックスのイメージ。

ゴルフクラブ選びで重要な一つにシャフトの硬さがあります。

あなたのシャフトの硬さは・・?と聞くとRかなと答える人がいます。

X=硬め
S=硬め
R=標準
A=やわらかめ
L=女性用

プロたちはXを使っていますが、各々がヘッドスピードを計測して硬さはそれぞれ調整しています。

 

3、グリップ・・・
プレーヤーとクラブの唯一の接点です。


重量や表面のパターンなどにより
バリエーションがあります。

素材はラバー(ゴム)のほかに、プラスティック系のエラストマーのものも増えてきています。

 

バックライン(背骨状の突起)の有無のほか、重量や肉厚のバリエーションがあり、握り心地や振り心地に影響を与えます。

4、ソケット部分・・・
もともとはヘッドの接着を補強するためのものです。

事実上ほぼ装飾となっていましたが、現在はシャフトとヘッドの結合を調整する
ことでロフトやライ角、フェースアングル
などを変えられるシャフトスリーブを備えたモデルが増え、パーツとしての重要性をましてきています。

スポンサードリンク

ゴルフ初心者の方へ!!球の高さと飛距離は「クラブのロフト」で決まります。

ゴルフクラブのロフトとは、フェース面の仰角(ギョウカク)を指し、ボールの弾道を左右する、もっとも決定的な機能です。

ほかの多くのスポーツの道具と違い、ゴルフクラブにはすべて固有のロフトがついています。

 

これにより、地面に置いてあるボールを打っても球を浮かせ、飛ばすことができるのです。

 

そして、14本のクラブそれぞれに異なるロフトがついていることで、クラブを使い分距離を打ち分けることができるのです。

 

クラブのロフト角とは、シャフト軸に対してフェース面がどれだけ上を向いているかを表す数値であり、ロフト角が大きいほどフェース面が上を向いていることを示すのです。

 

その幅は、パターを除けばドライバーの9度前後からウエッジの58度前後まで約50度もの幅があります。

 

基本的にはロフトが立ったクラブほどボールを遠くに飛ばせるのです。

 

そして、この50度ほどの幅を13本のクラブで分担することで、プロゴルファーであれば300ヤードほどまでの距離を自在に打ち分けることができるのです。

 

14本の中でも一番飛ばすクラブであるドライバーの場合は、ロフトが立ちすぎていると打ち出し角度バックスピンが不足し、十分な滞空時間を得られず飛距離を稼ぐことはできません。

 

そのためプレーヤーはヘッドスピードに応じて、打ち出し角度が最適になるロフトを選ぶことが重要になります。

 

ヘッドスピードに応じて最適飛距離を得るためには、適正な打ち出し角やバックスピン量が必要です。

 

クラブの特性にもよりますが、高ヘッドスピードの人ほどロフトが少なめのものを選びます。

 

低ヘッドスピードの人ほどロフトが多めのものが合いやすいと思います。

 

アマゾンで、お買い物をもっと楽しく!もっと便利に

ゴルフクラブやゴルフ用品のご注文確定の最短翌日に 無料でお届けするサービスをご存知ですか!?

さらに・・・

Prime Video限定オリジナル作品や小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書そして、音楽も聞き放題です。

 

⇒このプライム会員サービスは《30日間無料》です。しかも登録後のキャンセルも自由で安心です。

 

↓↓↓↓30日間の無料体験「今すぐ申し込む」↓↓↓↓

アイアンの場合は、番手ごとに約3~4度のロフト間隔で設計されており、長さの差も含めて1番手でおおむね10ヤード前後の飛距離差が出しやすいようになっています。

 

スポンサードリンク

イボミのクラブセッティングを参考にして下さい。