Pocket
Facebook にシェア

それにしても黄金世代は層が厚いですね。次世代スター候補になる選手が続々と出現。身長152センチの吉本ひかるもその一人です。

 

 

2019年はQTランキング21位の資格でツアー参戦していますが、「38th フジサンケイレディスクラシック」で2位タイ、「KKT杯バンテリンレディスオープン」で2位などしっかりと成績を残しています。

 

 

そこで、好成績を残せるスイングについて、小さな体を最大限に活かした吉本ひかるのスイングの特徴を紹介します。

スポンサーリンク

吉本ひかるのスイング。小さな体でスイングするドライバーショット。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%90%89%E6%9C%AC%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8B&imageId=211406

吉本ひかるのドライビングディスタンスは228ヤード。女子プロゴルファーとしては、それほど飛ぶ方ではありません。

 

 

ですが、身長152cmの小さな身体で戦える飛距離を出せるというのは凄いことです。

 

 

吉本ひかるのドライバースイングの特徴は、オーバースイングです。かなりアップライトにクラブを上げています。

 

 

オーバースイングというと、ゴルフスイングの教科書では薦めていませんが、オーバースイングで好成績を残した選手はいます。

 

 

横峯さくらやフィル・ミケルソンなどはかなりのオーバースイングですよね。

 

 

ただ、オーバースイングは、スイングプレーンが乱れやすいことから一般的には推奨されていません。

 

 

ですが、軸さえしっかりとしていれば、スイングを大きくできるというメリットもあり飛距離アップにもつながるのです。

 

 

吉本ひかるは、身長が小さいのでその分をオーバースイングによって補っているのです。

 

 

注目すべきは、スイング中の両膝の位置です。オーバースイングでも、両膝の位置は一定です。

 

 

オーバースイングになると、スウェーやリバースピボットなどの悪い欠点が出てしまいがちです。

 

 

でも、吉本ひかるのスイングは、両膝の位置が一定でバックスイング時の右への体重移動をしっかりと右ひざで受け止めています。下半身が安定していますよね。

 

 

ですので、小さな身長でもしっかりと飛ばすことができ、更にフェアウェイキープ率75%以上という驚異的な方向性の良さをキープできるのです。

ゴルファーの皆様へ!!お得なお知らせです!!

Amazonでお買い物をするゴルファーが増えています。

週末はゴルフだけどゴルフボールを買いに行く時間がない。

そんな時はご注文確定の最短翌日に配送料を無料で商品をお届けするサービスです。

30日間の無料体験を試して下さい。

吉本ひかるのスイング。アイアンスイングの特徴。

~吉本ひかるのパーオン率は69%~  

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%90%89%E6%9C%AC%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8B&imageId=174957

吉本ひかるは、ドライバーで飛距離を稼ぐタイプの選手ではありませんが、パーオン率は約69%と高い水準をキープしています。

 

 

セカンドショット、サードショットで距離が残る場面が多いので、アイアンショットの精度を高めています。

 

 

フェアウェイキープ率を高くし、アイアンショットのミスショットを少なくし、パーオン率を高めます。

 

 

一般的にアイアンショットの基本はダウンブローですが、吉本ひかるはレベルブローでスイングしています。

 

 

その理由は、ミドルアイアン以上でパーオンを狙う時のスイングでわかります。

 

 

高い球でピンをデッドに狙いスピンをかけるアイアンショットは、ダウンブローです。

 

 

でも吉本選手は中弾道のショットでカップの手前にボールを落としランで寄せるタイプのスイングです。この場合はレベルスイングが有効ですね。

 

 

ただ、彼女の凄いところは、残りの距離によってアイアンの打ち方を少し変えています。

 

 

ショートアイアンでは、オーバースイングを抑えややダウンブローでインパクトするので、しっかりとスピンがかかります。

 

 

フィニッシュも最後まで振り切らず、途中で止めるような形になっています。昔の言い方ではパンチショット、今流で言えばライン出しショットです。

 

 

ショートアイアンでは、ピンをデッドに狙い、ピンの手前にボールを落とし、スピンを効かせてボールを止める技術も持っている吉本ひかるです。

 

 

飛距離を出したいミドルアイアン以上では、ドライバーと同じように大きなスイングで振り切って中弾道の球筋でグリーンを狙います。

 

 

残り距離が短い場合にはライン出しショットでピンをデッドに狙います。これで今シーズンも多くのバーディーを決めています。(バディー数は6位、13試合終了時)

 

 

決して飛距離が出る選手ではありません。

 

でもバディー数6位は、FWキープ率、パーオン率の結果から生まれたもので、それはショートアイアンの弾道をコントロールする技術があるからでしょう。

 

 

小さな身体でツアーで戦えるのは、このような吉本ひかるの強みがあるからではないでしょうか。

吉本ひかるのスイング。ウエッジショットの特徴は?

アプローチの創造性 。

      

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%90%89%E6%9C%AC%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8B&imageId=209534

吉本ひかるは、リカバリー率68%、パーセーブ率86%とパーを獲る確率が高い選手です。

 

 

パーセーブ率が高いのは、1つはアイアンショットの正確性、2つはアプローチの上手さ、3つはパッティングの上手さですね。

 

 

まず、ドライバーショットが曲がらないのでセカンドショット、サードショットをフェアウェイから打つことができます。

 

 

フェアウェイから打つことができれば、方向性は安定します。

 

 

方向性が安定していれば、グリーンを外したとしても良いライからアプローチを打つことができます。

 

 

良いライからアプローチを打つことができれば、当然カップに寄る確率は高くなります。

 

 

当然ですが、カップに寄る確率が高くなれば、ワンパットで上がれる可能性も高くなりますね。

 

 

これが、ゴルフは「逆算のスポーツ」であると言われる所以ですね。吉本ひかるの強さはこのような点にあるのではないかと思います。

 

 

吉本ひかるのウエッジショットは、非常に柔らかいという印象があります。

 

グリーン周りからはランニングアプローチを使うことが多く、確実に寄せてくるイメージがあります。そして、彼女は、パターも上手いですね。

 

 

パッティングはどちらかというと、振り幅で距離感を合わせるというよりは、フォローで距離感を合わせているような印象があります。

 

 

基本的に、大きな振り幅でパッティングをする時は少ないですね。

 

 

吉本ひかるは、ピン型のパターを使っていますが、ピン型のパターを使用している人は、振り幅ではなく感覚で距離感を合わせる人が多いですね。

スポンサードリンク

吉本ひかるのスイングのまとめ。

吉本ひかるのゴルフの特徴は、パーセーブ率が高いところですね。

 

ドライバー、アイアンなどショットの方向性が良いので大叩きすることが少なく、パーをしっかりととってくる選手です。

 

基本的には、ボギー以上を叩かない守りの地味なゴルフが彼女の特徴です。

 

ですが、残り距離をショートアイアンで打てるような場面では、ピンをデッドに狙い、少ないチャンスでキッチリとバーディーをとってきます。

 

スイング的には、ドライバーショットでオーバースイングですが、現在のところ方向性が良いので直さないと思います。

 

攻めるところと守るところを良く知っている選手です。

 

どちらかというと、玄人好みのゴルフをする選手ですから、これからじわじわとファンが増えていくことでしょう。

 

身長の低いゴルファーの方は各クラブのスイングを参考にして下さい。

 

さて、あなたのゴルフスタイルは原英莉花選手のように身長の高さ利点にして豪快なショットを武器にゴルフを組み立てていますか?

 

それとも吉村選手のように正確性を武器にここぞという場面ではしっかりとバディーを獲るスタイルですか?

 

いずれもスイングの基本は軸がぶれないことです。

ゴルファーの皆様!!知っていましたか!?

Amazonが発送する豊富な品揃えを最短翌日に無料でお届けします。

 

ゴルフクラブやゴルフ用品などをご注文確定の最短翌日に 無料でお届けするサービスです。

 

無料体験後は500円/月(税込み)かかります。

ですが、いつでもキャンセルできるのでご安心下さい。

 

他にもビデオを観る、音楽を聴く、本を読むなどなどの

お得で便利な会員特典が盛りだくさんです。

30日間の無料体験を是非一度試してみて下さい。

吉村ひかるを応援しましょう。

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!応援よろしくお願いします。