Pocket
Facebook にシェア

淺井咲希の2019賞金ランキングは約3700万円を稼いで33位でした。来季は初シード選手として参戦します。

 

淺井咲希も黄金世代の一人で2019年はQTランキング2位の資格でレギュラーツアーに参戦しました。

 

笑顔も可愛く、「リゾートトラスト レディス」では7位タイの成績を残して次は優勝だと期待され、CAT Ladiesで見事に優勝しました。

 

黄金世代で9番目の優勝者です。

 

それでは、淺井咲希の優勝時のクラブセッティングを紹介いたします。

スポンサードリンク

淺井咲希の優勝時のクラブセッティング2019。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B7%BA%E4%BA%95%E5%92%B2%E5%B8%8C&imageId=212101

淺井咲希は、ダンロップとクラブ契約をしています。ただ、フェアウェイウッドはピンゴルフを使用して、残りはスリクソンのZシリーズですね。

 

Zシリーズの共通点は、やさしさ。

 

従来のアスリート向けの難しいクラブというイメージから、アベレージゴルファーまで使用できるやさしさを兼ね揃えた新しいブランドです。

 

淺井咲希の2019年の成績を見ると、パーオン率は70%弱とかなり高いと思います。

 

一般的に考えると、パーオン率が高いということは、アイアンショットが上手いということですね。

 

そんな淺井咲希が使用しているアイアンは、スリクソン Z585。

 

ヘッド形状は、それほど大きくなくクセがない形状でアスリートが好む形状ながら、、、

 

ポケットキャビティ型でアベレージゴルファーでも使用できるやさしいスペックです。

 

飛距離性能とミスに対する許容性が高く、一般のユーザーからの評価が高いアイアンです。

 

ウェッジは、クリーブランドのRTX4。ソフトな打感でスピン性能が高いウェッジですね。

 

特徴的なのは、顔です。クラブフェイスを開いて打ちたい時に開きやすい顔をしています。

ドライバーはスリクソンZ785

構えたとおりの弾道が打てるのでスリクソンZ785を選んでいます。イメージと実際の弾道がマッチしているそうです。

 

第21戦の「センチュリー21レディス」からトップ20を外していません。安定感がついてきましたね。

ドライバーのシャフトを替えました。

その安定感の要因はドライバーのシャフトを替えた事でした。

淺井咲希淺井咲希

シーズン中盤になって、体に疲れがたまって、振れなくなってきました。ヘッドが走らず、飛距離が落ちてしまったのです

そこで、ヘッドが走るシャフトを探していたら、エボリューションⅥがめちゃくちゃしっくりきたんです

淺井咲希淺井咲希

振れていたときよりも飛距離が伸びたように感じています。

ヘッドが走ると、球が自然につかまるので、強い弾道で飛ばすことができるようになりました

淺井選手はポンと置いた時にスッと真っすぐ構えられるクラブが好きと言っております。クラブを選ぶ時の基準です。

 

そしてとにかく飛ぶクラブを探しています。飛距離は大きなアドバンテージですよね。淺井選手も渋野選手や勝選手そして小祝選手などと同じ黄金世代です。

 

やはりその黄金世代の活躍は素直に喜びながらも刺激を受けていることは間違えないと思います。実際にキャットレディスではドライバーは飛んでいましたね。

 

ロフト:9.5度

シャフト:スピーダーエボリューションⅥ569(S)

長さ:45インチ

ドライバーのスイング

 

淺井咲希のゴルフスイングを見て特徴的なのが、高いトップですね。バックスイングでクラブをかなりアップライトに上げます。

 

淺井咲希の身長は152cm。アスリートとしてはかなり小さな体格です。

 

しかし、淺井咲希のドライバーの平均は240ヤードほどであり、これに関しては女子プロゴルファーの中でも飛ぶ方です。

 

ドライビングディスタンスは239.61Yで30位です(22試合)小さな体でよく飛ばす選手です。

 

アップライトなスイングは、体格の小ささをカバーするためかもしれませんね。

 

アップライトなスイングの大きなメリットは腕の上下の運動の力を使えるので、飛距離が出るということですね。

 

淺井咲希に限らず、女子プロゴルファーはアップライトなスイングをする人が多いです。

 

ただ、腕の上下の運動が大きいということは、それだけスイングにブレが生じやすいとも言えます。

 

ですから、アップライトなスイングはボールが曲がりやすいというデメリットがあります。

 

ですが、淺井咲希の場合フェアウェイキープ率(66.40%:42位)はそれほど悪くないのでこのあたりのデメリットはカバーしていますね。

 

小さな体で遠くに飛ばす!!そのドライバーはスリクソンZ785です。

 

ダンロップはドライバーをゼロから作り直せという課題を持って開発しました。

では、どのように作り直したのか?

 

■関連記事

 

フェアウエイウッドはピンG410

フェアウェイウッドをピンにしているは飛距離を求めているからです。3本の中からコースや調子によって2本選択しています。

 

ほとんどが7番ウッドを抜くことが多いようです。

 

ロフト:14.5度/17.5度

シャフト:スピーダーエボリューションⅥ569(S)

UTはスリクソンZ H65

2年以上愛用する手離せない2本です。

UTは構えた時の顔に惚れこみ、2年以上使用しています「構えた瞬間、ナイスショットのイメージが湧いてくるそうです」

 

ロフト:22度/25度

シャフト:フジクラMCH-70(S)

アイアンはスリクソンZ585(6I~PW)

シャフト:NSプロ850GH(S)

 

アイアンには「距離+やさしさ」を求めています。

 

パワーがあるほうではないので、楽に球が上がってくれて、グリーンで止まるクラブを選んでいます。

アイアンのスイング

淺井咲希のスイングはアップライトスイングです。

 

そのメリットはアイアンショットをダウンブローに打ちやすいということがあります。

 

つまり、アイアンショットのキレが出るということです。

 

実際淺井咲希のパーオン率は70%弱(19位)とかなり高く、このあたりは素晴らしいですね。

 

そのキレの良さを引き出しているスリクソンのニューモデルアイアン。

 

で上級者好みの精悍な顔つきでありながら汎用性が高くて人気のスリクソンZ585。

 

その評判は↓

■関連記事

ウェッジはCLEVELAND RTX4フォージド

ロフト:50度/52度

ウェッジ:CLEVELAND LOWソール

ロフト:58度

シャフト:NSプロ950GH(S)

 

好きなクラブはサンドウェッジだという淺井咲希ですが、データだけを見るとリカバリー率やサンドセーブ率は高くありません。

データ2019

リカバリー率:59.3972:53位

サンドセーブ率:37.2549:66位

 

トータルドライビングも良く、パーオン率も高い選手ですからグリーン周りのアプローチやバンカーショットが今後の課題であるかと思われます。

パターはテーラーメイド スパイダーX

パットの理想は「勝手に真っすぐ動いてくれる」

 

パターは真っすぐ動かしやすいスパイダーXです。真っすぐ動かしたい淺井にピッタリの一本です。と言うのも・・・


出典:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/photo/detail/?imageId=217445

スポンサードリンク

淺井咲希のゴルフ

淺井は6歳でゴルフを始めたときからずっと、パッティングには自信を持っていました。

 

しかし、高校2年で出場したマッチプレー選手権で優勝しましたが、その後パッティングの調子が狂ってしまいました。

 

高校3年生でパターイップスでホールアウトができないくらいの恐怖が襲い掛かったのでした。

 

それでも父との約束のプロテストを受けて合格し、その苦悩の経験を活かしてステップ・アップツアー中心で戦ってきました。そして・・・

 

あのCAT ladiesで50cmのパーパットを外しながらも優勝したのです。

 

今、エースパターはアマチュアでの合言葉の3パットしないテーラーメイドのスパイダーを使用しています。

スポンサードリンク

まとめ

淺井咲希が小さな体で飛ばすことができる理由の一つとして体が柔らかいということです。

 

実は淺井咲希はクラシックバレエをやっていて体の柔らかさには自信があるようです。

 

体の柔らかさもゴルフの飛距離を出すためには大事な要素なんですね。

 

また、ヘッドスピードがとても速いという印象があります。これは淺井咲希が中学生時代からヘッドスピードの向上に取り組んだ結果です。

 

ヘッドスピードは、生まれ持った体格や筋力の要素が強いと思っていました。

 

ですが、決して体格に恵まれていない淺井咲希がヘッドスピードを向上させることができたのは、彼女のひたむきな努力があったからだと思います。

 

ヘッドスピードは努力次第で速くすることができるというのは、アマチュアゴルファーに希望を与えてくれます。

 

あなたもヘッドスピードを速くする練習をしてスリクソンのドライバーで飛ばして下さい。

 

淺井のニックネームは「たーたん」です。愛嬌もあり好感が持てる黄金世代の若手女子プロゴルファーです。

 

次はアプローチの精度を高めてプロゴルファーとして真の実力者の証である2勝目に向けて頑張ってもらいたいですね。

 

淺井咲希選手の応援を宜しくお願いします。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフを。