Pocket
Facebook にシェア

タレント並みのルックスと明るいキャラクターで人気の三浦桃香(みうらももか)。可愛らしいルックスとは裏腹にドライバーの飛距離280ヤードを誇る飛ばし屋でもあります。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%A1%83%E9%A6%99&imageId=206203

今回は飛ばし屋・三浦桃香のゴルフのドライバーからウエッジまでのスイングを紹介します。

 

 

勝みなみ選手とは同学年で「黄金世代」の一角を担う三浦桃香ですが、実はまだプロゴルファーではありません。

 

 

2017年のプロテストに不合格でしたが、最終QT6位の成績で、2019年前半戦の出場権を得て試合に臨んでいます。

 

 

ビジュアル面での話題が先行しがちな三浦桃香ですが、豪快な飛ばし屋でもある彼女のスイングやプレーについてはどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

三浦桃香のゴルフ。キャロウェイのドライバーで飛ばす三浦桃香。

2017年7月28日。

三浦選手にとってこの日は忘れられない日となっていることでしょう。

 

 

この日、勝みなみ選手、小祝さくら選手、原英莉花選手ら「黄金世代」のメンバーとともにLPGA最終プロテストに挑戦していた三浦選手ですが、1打及ばず不合格となりました。

同年5月に交通事故に遭い、ろっ骨を骨折していた影響があったにせよ、不運な結果でした。

 

 

そして、2018年6月29日にはプロテスト第2次予選で姿を消すこととなりました。

 

 

9歳からゴルフを始め、2010年「宮崎県ジュニア」「全国小学生トーナメント」を制し、中学時代には「九州中学校選手権」で優勝するなどその実績と実力は同学年の勝みなみ選手屋「黄金世代」の同期生にもひけを取りません。

 

 

三浦桃香のプロゴルファーへの道とプロフィール。

 

 

三浦選手の魅力はなんといっても280ヤードを誇るドライバーの飛距離にあります。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%A1%83%E9%A6%99&imageId=196327

圧倒的な飛距離を生み出す、169㎝という恵まれた身体をフルに使ったスイングはまず、アドレスで左手で右肩前に触れます。

 

 

これは右肩がかぶらないようにするルーティンだと思います。

 

 

そして右に多めに体重をかけておき、軽くフォワードプレスを入れたあと、ヘッドが低く、遠くに動いてテークバックに入ります。

 

 

その間、鍛え上げたであろう太ももの大腿筋が浮き出るほど右ひざがほとんど動かずに捻転のパワーを溜めていきます。

 

 

肩がまわったトップから、アドレスで作った両腕の形を変えずに大きなスイングアークで、アッパーブローに振っていきます。

 

 

ダウンから腰を切り上げるように回していきますが体重はやや右に残し、インパクトまで上体がやや右を向いたまま、まるで「ヘッドに振られていく」というイメージのインパクトを迎えます。

 

 

まるで野球でいうホームランバッターのスイングといったイメージです。

 

 

これだけの飛ばす要素が詰まったスイングを自己流で身につけたというのですから驚きです。

 

 

そんな三浦選手に2019年3月、朗報が届きます。

 

 

やはり圧倒的な飛距離で話題のローグ、エピックフラッシュを擁するキャロウェイゴルフが用具使用契約を申し出てくれたことです。

 

キャロウエイドライバーの凄さを是非知って下さい。

 

ドライバーはエピックフラッシュサブゼロドライバーのロフトは10.5度です。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%A1%83%E9%A6%99&imageId=205257

このドライバーは前々作で初登場したジェイルブレイクという、ヘッド内部に配置された2本の柱がクラウンとソールを繋ぎ、ヘッドのたわみを抑えてボール初速を上げる機能です。

 

 

エピックフラッシュはフェースを人工知能が初速アップ、ルール適合、耐久性を考えて設計したとされるフラッシュフェースを搭載したモデルです。

 

 

エピックフラシュサブゼロはエピックフラッシュスターに比べてヘッド後部がやや小さくなり、叩けるイメージが湧くスッキリとしたヘッド形状です。

 

 

そしてソール後方に12グラムのおもりをトウ側からヒール側までレール上を自由に動かせるペリメーター・ウェイティングを配しており、重心距離を調節できるようになっています。

 

 

左に行きにくいヘッドですのでハードヒッターには安心して振っていけるドライバーです。

 

 

シャフトは三菱ケミカルの「クロカゲXD」の50g台を使います。

 

 

変形しても元の形状に速やかに回復する性質を持つチタンニッケル金属線が2層になってシャフト先端側に配され、鋭いしなり戻りをしながら適正なロフト角でのインパクトが可能になっています。

 

 

キャロウェイのクラブ作りの原点が「Demonstrably Superior & Pleasingly Different」(明らかに優れていて、その違いを楽しむことができるの意)、つまり「やさしく高性能を楽しむ」ということですので、

 

 

やさしいヘッドに敏感なシャフトという、現代のプロゴルファーが求めるスペックに合致した、現代っ子らしいチョイスだと思います。

スポンサードリンク

三浦桃香のゴルフ。アイアンスイングを徹底分析。

アイアンショットでもドライバーと同じく左手で右肩前に手を当て、右肩の突っ込み、被りに注意しています。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%A1%83%E9%A6%99&imageId=188152

ドライバーと異なるのは、距離を打ち分けるのにダウンから腰が少し右前に切り上がる動きが入ることです。

 

 

それにつれて上体が起き上がることもあります。

 

 

すなわちドライバーショットでの腰の動きに比べて、いわゆる「手打ち」に近いスイングになっているようです。

 

 

この動きではヘッドとボールコンタクトが安定せず、目標に対して手先で方向を出さなければならないはずですので、ちょっとタイミングがズレるとショートしたり、左右にボールが散ったりといったミスが出やすいと思います。

 

 

飛距離9位に対してパーオン率51位という成績にも表れていると思います。


引用:LPGA
2018年のドライビングディスタンス:246.66Y(9位)
2018年のパーオン率:65.7750%(51位)

 

2019年のパーオン率:67.5926%(36位)開幕3試合(予選落ち)


アイアンは2019年からキャロウェイ「APEX PROアイアン」を使用します。

キャロウエイアイアンの評価はこちら

 

 

かつてキャロウェイが日本専用ブランドとして展開していた「レガシーブラック」の後継モデルとして発売された軟鉄鍛造アイアンです。

 

 

柔らかいS25C軟鉄を鍛造して作り上げた柔らかい打感と打球音、少なめのグースとシャープな形状でプロ・上級者が好む顔つきのアイアンです。

 

 

プロ・上級者向けアイアンでありながら、ウレタン・マイクロスフィアという独自に開発した素材をバックフェース側に配置したことでフェースの反発を損ねる不必要な振動を吸収し、ボールにダイレクトにエネルギーを伝達します。

 

 

さらに360度フェースカップ構造により反発性能を確保した上で、芯の広さも併せ持つ、キャロウェイらしい「プロ顔したやさしいアイアン」となっています。

 

 

三浦選手が「落ち着いて打てるアイアン」ではないかと思います。

スポンサードリンク

三浦桃香のゴルフ。三浦のウエッジショットの特徴は

アプローチに関しましては、「フェースに乗る感じのボールが好き」という通り、柔らかく上げてバックスピンで戻す、止めるアプローチが好きで、よく練習しているようです。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%A1%83%E9%A6%99&imageId=196326

使用するウェッジはマックダディフォージド。

 

 

ストレートなリーディングエッジ、ゼロオフセットが見た目の特徴で、フェース面には溝と溝の間にマイクロミーリング加工によって凸状に線を入れたことでボールに強烈なスピンがかかるウェッジです。

 

 

「マックダディ」というのは「おやじ、すげえぞ!」という感嘆の意を表しますアメリカのスラングで、スピン性能をPRする意図でウェッジに命名された経緯があります。三浦選手のイメージするアプローチショットが打ちやすいウェッジだと思います。

 

シングルまじかだけどアプローチミスが多いあなた。やはりコーチを見つけて早くシングル入りして下さい。

スポンサードリンク

三浦桃香のゴルフ。クラブとスイングのまとめ。

2019年はサードQT以上の進出者に適用されるTP単年登録者資格でトーナメントに出場している三浦選手ですが、実はひどい花粉症に悩まされて、ここまで思うような成績が出せていないようです。注目度の高い黄金世代の仲間たちに後れを取らないように頑張ってもらいたいですね。

2018年のNEC軽井沢レディストーナメントで魅せた足上げポーズなど、ギャラリーへのサービス精神も持ち合わせた魅力的なキャラクターの持ち主でもあります。

 

 

2019年はキャロウェイの全面的なバックアップを得られることで、自分のイメージや思い、考えを伝えてクラブ調整が思う存分にできることで「自信をもって振っていける」クラブと出会えること。

 

 

さらに2018年に「ニッポンハムレディスクラシック」で、過去に田中秀道プロ、谷口徹プロ、上田桃子プロのバッグを担ぎ、現在はイボミプロの専属キャディである、ベテラン清水重憲氏にバッグを担いでもらったことで、様々なアドバイスをもらい、プロゴルファーとしての生活を学んだことは、今後必ず活きてくると思われます。

 

 

「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」が始まりました。

黄金世代の河本結選手はお休みですね。

 

さて若手の活躍で盛り上がっている女子ゴルフツアーですが、彼女たちは若くても高い技術とメンタルを持ち合せています。

 

またジュニア時代からプロの試合の経験値も十分です。ですから優勝を目指して自分のプレーに集中することができるのですね。

 

ゴルフもSNS時代、携帯でスイングを撮影してすぐにチェックしています。

 

コーチがいればすぐ見てもらって指導を受けています。

 

90切り、シングル入りを目指すゴルファーなら一度は
プロコーチのスイングチェックを受けて下さい。

 

あなたのゴルフが変わります。

怪我なく万全の状態で試合に臨めば必ず結果が伴うと思いますし、素質は間違いなく一級品だと思いますので、今後にとても期待しています。ゴルフプレーをする楽しさそしてトーナメント観戦でゴルフを愛する一視聴者の話でした。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。