Pocket
Facebook にシェア

スポンサードリンク

三浦桃香は27位タイ。【2018】富士通レディース

■大会名:【2018】富士通レディース
■開催期間:10月12日~10月14日
■開催コース:東急セブンハンドレッドクラブ
西コース(千葉県)  / 6,675Yards Par72(36,36)
■賞金総額:¥80,000,000
■優勝賞金:¥14,400,000
■優勝者:成田 美寿々


1Hスタート:08:22
同伴者:辻 梨恵 酒井 美紀

27位タイ:68+74+75=217(+1)
FR:38+37=75(+3)
獲得賞金:¥664,000
年間獲得賞金:¥8,972,999(77位)

三浦桃香は通算142(-2)トップのアンさんとの差は4打差でスタートしました。4打差以内には27人がいます。三浦桃香も、上位を狙える位置に残ってい
たのです。

 

ですが、7試合決勝ラウンドに進出していなかったので緊張したのでしょうか?

 

3バーディ・3ボギー・1トリプルボギーと3つスコアを落としてしまい、217のトータル1オーバーで27位タイで3日間を終えました。

 

8Hのトリプルボギーはダメですね。時々大たたきをする三浦桃香です。

 

ティショットがグリーン脇のバンカーにつかまりました。バンカーからのセカンドショットはホームラン。4打目はとなりのラフから打って4オン2パットのトリプルにしてしまいました。

 

サンドセーブ率は、29.59%で88位のデータを見れば納得してしまいます。バンカーショットの練習をこのオフに猛特訓してもらいたいですね。

 

ミスを少なくすることも真の実力者になる為の要素です。

 

オフでしっかり練習して常に上位をキープできる選手になってもらいたいと願っています。

 

来週の試合にも出場する予定ですので応援していきましょう。お疲れ様でした。

三浦のコメント:引用:ヤッフーニュース

■3パットが1回もなかったのがよかった。

これまでは3パット、4パットでスコアを落としていたので、
それを無くせたことはうれしいです。

しかし、パットの課題もまだまだ残っていると思います。

■バーディホール(-3)
par5:7H、10H、
par4:9H
par3:
■ボギーホール(+3)
par5:
par4:2H、12H、18H
par3:
■トリプルボギー(+3)
par3:8H

三浦桃香の2Rは16位タイ。【2018】富士通レディース

CHIBA, JAPAN – OCTOBER 13: Momoka Miura of Japan chips onto the 1st green during the second round of the Fujitsu Ladies at Tokyu Seven Hundred Club on October 13, 2018 in Chiba, Japan. (Photo by Atsushi Tomura/Getty Images)

1Hスタート:10:05
同伴者:三ヶ島 かな アン ソンジュ

16位タイ:68+74=142(-2)
2R:40+34=74(+2)

三浦桃香の2Rはハラハラドキドキのゴルフでしたが予選も通り16位タイで終了しました。明日の決勝ラウンドに期待しましょう。

 

2Rの試合中継はテレビ朝日系列のライブ放送でした。

 

BSと地上波の流れで放送していたので各選手のショットが編集作業でなく視聴できるので良かったです。

 

さてさて、三浦桃香の2Rはドキドキのラウンドでした。

 

出だしの1Hでボギー、3H、8H、9Hとアウトコースは散々でした。

 

それでも後半に2つのバーディを奪って通算2アンダーで、8戦ぶりに予選通過を果たしました。

 

よかったよかった。2Rのパット数は31でした。

 

明日もパッティングしだいですね。トップ10に入れる可能性はまだまだあると
思います。

 

一つでも順位を上げて賞金を稼いで逆転で賞金シード選手になってもらいたいですね。

 

でもちょっと現在の順位では無理かな・・・QT出場で来季の出場権を奪って欲しいですね。最終ラウンドに期待しましょう。

 

三浦のコメント:引用:LPGA

■朝起きてすごく腰が痛かった。

いつも通りパッティングが外れるゴルフでした。

乗って、寄って、パッティングが外れて。

前半のパーは、全部バーディー外しのパーでした。

後半は、自分の思う通りのドライバーショットが打てました。

■バーディホール(-2)
par5:10H
par4:14H
par3:
■ボギーホール(+4)
par5:1H
par4:3H、9H
par3:8H

三浦桃香の1Rは2位タイ。【2018】富士通レディース


10Hスタート:08:35
同伴者:飯島 茜 @佐渡山 理莉

2位タイ:35+33=68(-4)

■バーディホール(-5)
par5:16H
par4:2H、9H、12H、15H
par3:
■ボギーホール(+1)
par5:
par4:
par3:4H

今週は「富士通レディース」ですね。国内女子ツアーもこの試合を含めて残り
7戦になってしまいました。

 

最後の2試合は出場規定がありますので賞金シードを争っている選手は実質5試合です。

 

今年のシード権獲得ラインは過去最高の2300~2400万円になると予想されています。

 

黄金世代の一部はすでにシードを決めていますが、ギリギリの方や50位以下の方のこれからの成績が気になりますね。

黄金世代のメンバーの成績

1、小祝さくら:¥60,679,617:8位
2、新垣比菜:¥43,556,166:14位
3、勝みなみ:¥38,080,200 :19位
4、松田鈴英:¥31,646,133:30位
5、大里桃子:¥21,157,750 :43位
6、畑岡奈紗(20,907,571円):45位
7、原英莉花(19,899,165円)50位

賞金ランク50位はまだまだ安心できない状況です。
——シード獲得ライン——

三浦桃香:¥8,308,999 :78位

三浦桃香は大変厳しい状況に置かれています。

 

この試合も含めて残りの試合を常に上位でフィニッシュしなければシード選手にはなれません。

 

7試合連続で予選落ちしているのでなんとしてもこの試合で悪い流れを断ち切ってほしいと願っていました。

 

その願いが叶い1Rを2位タイで終えたので一安心しました。

 

悲しいかな裏街道のインスタートでしたが、ショットの感覚は良さそうですし、この日のパット数も28パットでまずまずでした。

 

ドライバーをキャロウェイのローグドライバーにかえてショットは良くなってきました。

三浦桃香のゴルフ、クラブセッティング。

が、何といってもパッティングですね。

 

入れ頃のパターを打ち切れずにパーにしているようです。

 

賞金ランキング78位と上位50位までのシード権確保は厳しい状況にあるのは事実ですので1試合毎予選を突破して最後の力を出し切ってほしいですね。


スタッツ

■フェアウェイキープ
FR:8/14(57.14%)
2R:6/14(42.85%)
1R:9/14(64.28%)

■ドライビングディスタンス(平均)
FR:221.5Y
2R:229Y
1R:231.5Y

■パット数
FR:31
2R:31
1R:28

パーオン数
FR:12/18(66.66%)
2R:11/18(61.11%)
1R:14/18(77.77%)

三浦桃香のゴルフ、クラブセッティング。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。