Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

小祝さくらのゴルフ、3位タイ。【2018】大東建託・いい部屋ネットレディス。

■大会名:大東建託・いい部屋ネットレディス
■開催期間:7月26日~7月29日
■開催コース:鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨県)
/ 6,685Yards Par72(35,37)
■賞金総額:¥120,000,000

■優勝賞金:¥21,600,000
優勝:黄 アルム
プレーオフ

3位タイ:71+69+68+69

賞金額:¥8,400,000
賞金ランキング:8位

今季獲得賞金:¥38,359,951
メルセデス・ランキング:12位

通算277(-11)
1ラウンドだけが70台で残り3ラウンドを全て60台の安定したプレーで3位タイのフィニッシュは立派です。

#小祝さくら #国内女子 #ゴルフ女子 #ゴルフ好き #スポーツ #ゴルフ #健康 #趣味

Toshihide Haradaさん(@tomoon_haradog)がシェアした投稿 –


今季女子ゴルフトーナメントは21試合が終了しました。


小祝の成績はベスト10が6試合で、予選落ちは8試合とプロ1年目としてはまずまずの成績です。

 

いやそれ以上に小祝さくらの優勝予想が白熱しています。いつ優勝しても良い選手なのです。

21戦:大東建託・いい部屋ネットレディス
3位タイ

20戦:センチュリー21レディスゴルフトーナメント
2位タイ

19戦:サマンサタバサ ガールズコレクション・
レディーストーナメント
4位

15戦:宮里藍
サントリーレディスオープンゴルフトーナメント
7位タイ

12戦:中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン
2位

5戦:ヤマハレディースオープン葛城
5位タイ

プロテスト合格から1年、大輪の花を咲かせる日までもう一歩というところまで来ています。

 

常に落ち着いたプレースタイルとかわいい笑顔でファンの心を掴んでいる小祝さくらですが、まだプロ1年目の選手です。

 

でも、何度もプロ初優勝を目の前にしています。

 

昨年の今頃はプロテストを受けていましたのでその成長は89期生の中でも抜き出ています。

 

ファイナルラウンドのスタートは8アンダー4位タイで最終組前の11組でした。

 

トップの黄アルムプロは14アンダーで6打差と開いています。

 

1H~3Hはパープレーで周りましたが、4ホールは痛恨のダブルボギーを叩いてしまいました。

 

TVには映りませんでしたが、TV解説の中野昌さんが4パットしました・・・と
コメントしていました。

 

4パット、場面は見ていませんがどうしたのでしょう?珍しいですね。

 

それでも気持ちを立て直したのでしょう。

 

崩れないゴルフで69のスコアーは小祝のゴルフがまた進化し成長している証ですね。

小祝のコメント:引用:ヤッフーニュース

アウト4番は、

■集中力のなさが出てしまった。

前半は3オーバーで折り返し、

■まだハーフ以上あったので、
ここから5アンダーを目標にと
気持ちを切り替えてやりまし
た。

と仕切り直しをしていました。

後半は5バーディ・1ボギーとチャージをかけて、終わってみれば首位とは3打差の3位タイで山梨の試合は終わりました

 

これで3戦連続のトップ5でのフィニッシュです。

 

本大会を含めて、今季トップ10入りは6度ありますが、でもでもまだ課題もあります。

 

それは、ここまで3度首位で最終日を迎えるも、あと一歩で優勝を逃してきたのです。

 

メンタルか?8歳の時から母・ひとみさんのスパルタ指導に耐えて練習に励んださくらさんです。

 

強いマインドは持っている選手です。

メンタルも経験を重ねて強くなっている感じがします。

 

来週の「北海道meijiカップ」で地元での初優勝を挙げたいという夢がかなうのか?

 

ここまで悔しい思いをしてきた分、地元で一気に爆発してもらいたいですね。

かわいい小祝さくらの3R

4位タイ:33+35=68(-4)
通算:71+69+68=208(-8)

 

変則的な動きを見せながら関東地方に上陸予想の台風12号です。

 

その影響で山梨も大崩れになっています。

 

激しい雨は選手たちのプレーの妨げになりますよね。

 

小祝さくらも皆と同じでその厳しい状況で必死に戦っての4バーディー、ノーボギー68のスコアーはとても立派です。

 

今シーズンは、12戦の中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン。

 

20戦のセンチュリー21レディスゴルフトーナメントと、2度にわたって単独首位で、いずれも、2日間首位を死守したものの、最終日に失速し、2位タイでした。

 

また、2週前のサマンサタバサガールズコレクションレディーストーナメントでも最終日、最終組でのプレーでした。

 

小祝さくらのコメント:引用:ヤッフーニュース

■最終日の最終組は、すごいプレッシャーを感じる。あすは最終組の1組前。気が楽ですし、追いかける方がプレーはしやすい。思い切って攻める。

そして、この試合が終わると次は故郷・北海道で「北海道 meiji カップ」が待っています。

 

小祝はこのようなコメントを残しています。

小祝さくらのコメント:引用:ヤッフーニュース

■地元の試合で結果を残したい。でも、その前に明日、良い成績を
あげ、北海道に帰ります。

■プレーしていると、下手だなぁと思うことがたくさんある。
まだまだだなぁと感じています。

この3試合でも1年目のルーキーとは思えない安定感のあるゴルフを展開しています。

 

それでも、常にチャレンジ精神を持ちゴルフに対し真摯に接している小祝さくら。

 

向上心を絶やさず成長する姿は多くのファンを魅了しています。

 

札幌国際カントリークラブに小祝さくらを応援しにきたギャラリーの皆さまはそのプレーに酔いしれることでしょう。

かわいい小祝さくらの1R&2R

2R:7位タイ:
35+35=69 通算71+69=140

1R:16位タイ:
34+37=71

スタッツ

フェアウェイキープ
1R:12/14(85.71%)
2R:9/14(64.28%)
3R:10/14(71.42%)
4R:9/14(64.28%)

パーオン数
1R:13/18(72.22%)
2R:13/18(72.22%)
3R:16/18(88.88%)
FR:14/18(77.77)

パット数
1R:29
2R:28
3R:30
FR:28

小祝さくらの2018年LPGA成績


小祝さくらのゴルフ、2位タイ。 【2018】センチュリー21レディスゴルフトーナメント

■大会名:【2018】センチュリー21レディスゴルフトーナメント
■開催期間:7月20日~7月22日
■開催コース:瀬田ゴルフコース 西コース(滋賀県)
/ 6,518Yards Par72(36,36)
■賞金総額:¥80,000,000

■優勝賞金:¥14,400,000

優勝:クリスティン・ギルマン(アメリカ、アマチュア)

 

今週もイボミはいません。

彼女のいないトーナメントですが、若い黄金世代の89期生が盛り上げています。

 

女子ゴルフトーナメントはベテラン(まだ若いですが)と呼ばれてしまう有村智恵の復活優勝や、89期生など若い世代が素晴らしい活躍をしています。

 

その中で、今週の注目選手は小祝さくらでしょう。

 

軸がぶれない理想的なスイング。優勝カップを掲げる日は近いですね。

夢の優勝は持ち越し。3度の最終日最終組、首位で迎えながらも優勝を逃してしまった小祝さくら。優勝の二文字は目の前にあったのだが、残念ながら2位タイで終わってしまいました。

 

優勝はアメリカからきたクリスティン・ギルマンさん、アマチュアなので優勝賞金は2位タイの小祝さくらが手にしました。

 

この賞金で来季のシード権は確実です。残り試合は全て出ると公言しているので、優勝カップを掲げる姿を見る日は近いと思います。

 

頑張れ北海道の美人ゴルファー!!

小祝のコメント:引用:LPGA

■今回も最終日にスコアを伸ばすことができなかった。

きょうダメだったことを、じっくりと考える。

 

小祝さくらの2Rは1位。

1位::131(-13)62+69

小祝さくらのゴルフは2Rも絶好調でした。69でプレーし、通算13アンダーで首位を守りました。

小祝さくらのコメント:引用:LPGA

■1番でバーディースタート。その後、パーが続きました。厳しいパーセーブは、
それほどない。

■後半に入って、バーディーチャンスが結構、ありました。でも、

そこからパッティングがいまひとつ。まっすぐ、ストロークができない。1メー
トルを外した。

少しだけ、眠かったというか。暑さの影響かもしれない。

 

#15

■残り165ヤードの第2打を5Iで3メートルにつけた。体が思うように動きだした。

ショット、パッティングともに、とてもいい感じになったと思います。

今度こそ、と思っている。最終日にスコアを伸ばすことを、ずっと課題にしてきたし、精いっぱいのプレーをします。決して、大崩れをしない。

 

プレッシャーに強いことが小祝さくらの真骨頂なので、完全Vを目指して、北海道のさくらが猛暑の真夏を征して優勝して欲しいですね。

 

小祝さくらの1Rは1位。

1位:小祝 さくら :62(-10)

小祝のコメント:引用:LPGA

■スコアが良くても次のホールでダブルボギー、トリプルボギーを叩く可能性も
ある。
気をつけたのは油断をしないことです。

また、いつものようにスコアを気にしないようにした。ノーボギーでプレーできたことがうれしい。

■ショットもすごくいいとはいえなかった。私としては、まぁまぁです。ミスショットも何度かありました。

■競技はあと2日間、残っています。きょうは、きょう。スコアを伸ばせるよう
に、
気を抜かずにプレーする。暑さは苦手ですけどね。

スポンサードリンク

小祝さくらのプロフィール

小祝さくらちゃん、新垣比奈ちゃん二人とも頑張って👊😆🎵#小祝さくら #新垣比奈 #LPGA

mikaさん(@y.hirase)がシェアした投稿 –


名前:こいわい さくら
生年月日:1998年4月15日
出身地:北海道
身長:158cm
体重:58㎏
血液型:A型
出身校:
・北海道北広島市立大曲中学校
・北海道飛鳥未来高等学校
所属:ニトリ
平均飛距離:240ヤード
ベストスコア
65:(千歳空港)アマチュア時代

62:【2018】センチュリー21レディスゴルフ

プロテスト合格日:2017年7月28日(89期生)
好きな色:黄色
最終プロテスト受験回数:1回
ゴルフ歴:8歳~
目標とするプロゴルファー:イボミ、上田桃子。
藤田光里

小祝さくらのアマチュア女子高生時代

住まいは北海道です。

ですので、冬場は雪でゴルフ場はクローズです。

 

冬場はスポーツ用品店で働いて好きなゴルフを続けていたそうです。

 

アルバイトで稼いだお金のうち、3万円はお母さんに生活費として渡して、残りはプロテストのために貯金をしていたそうです。
小祝さくらの母はかわいいスナックのママ
そんな生活の中、小祝さくらが注目を浴びた試合がありました。2016年7月のニッポンハムレディースクラシックです。最終成績は8位タイでしたが、プロの実力を備えた選手として成長していました。


最終成績:65+73+73=通算211(+1)

2016年7月10日
FR:8位タイ73(+1)3バーディ、4ボギー

2016年7月9日
2R:1位タイ73(+1)3バーディ、4ボギー

2016年7月8日
1R:1位:65(-7)8バーディ、1ボギー

 

日本女子プロゴルフ史上初のアマチュア完全優勝は逃しましたが、今週の「2018センチュリー21レディスゴルフトーナメント」でプロ小祝さくらとして完全優勝を果たしてもらいたいですね。

4日間トーナメントになった「ニッポンハムレディスクラシック」は19歳の微笑みの国・タイから来たS.ランクンの優勝で幕を閉じました。

あなたが応援している選手はいかがでしたか?

 

黄金世代の河本結選手、渋野日向子選手、そしてその1学年下の稲見萌寧選手の若手プロが上位でフィニッシュしました。

 

ただ若手だけではありません。4位タイになった笠りつ子選手や復活優勝の期待がかかったイボミ選手などのベテランも頑張った試合でした。

 

さて若手の活躍で盛り上がっている女子ゴルフツアーですが、彼女たちは若くても高い技術とメンタルを持ち合せています。

 

またジュニア時代からプロの試合の経験値も十分です。ですから優勝を目指して自分のプレーに集中することができるのですね。

 

ゴルフもSNSの時代です。プロ達は自分のスイングをすぐにチェックできます。

 

コーチがいればすぐ見てもらって指導を受けることもできます。

 

90切り、シングル入りを目指すゴルファーの皆様も是非一度
プロコーチのスイングチェックを受け指導してもらって下さい。

 

あなたの明日のゴルフが変わりますよ。

小祝さくらのゴルフ、2018年LPGAの成績

 

スポンサードリンク

小祝さくらを応援しましょう。