Pocket
Facebook にシェア

鈴木愛と言えば、パターが上手いというイメージが強いですが、実際のところはパターだけでなく、ドライバー、アイアン、ウエッジのすべてにおいて弱点がない選手です。

 

だからこそ2019年、賞金女王に近い選手なのです。鈴木愛はなぜ強いのか?鈴木愛のスイングについて徹底分析してみました。

スポンサードリンク

鈴木愛のスイングを支えるピンドライバー。

鈴木愛は、自信を持ってドライバーを打つ選手です。

 

他のプロがドライバーではなくアイアンでティーショットを打つような狭いホールでもドライバーでティーショットを打つことが多いのは自信の表れですよね。

 

2018年のドライビングディスタンスは、約239ヤードでランキング32位。身長155cmという体格を考えれば、十分な飛距離であると思います。

 

鈴木愛は、2019年からドライバーをPING社の最新のドライバー、G410プラスに変更しています。


PING 2019 G410 PLUS ドライバー (PING Alta J CB Red装着) 日本正規品

 

因みに、開幕戦「ダイキンオートレディース」で優勝した比嘉真美子もG410プラスを使っています。

 

ということは‥PING社のG410プラスは、開幕2連勝ということになるのですよね!

 

G410プラスは、前作のG400よりもヘッド体積が大きくなったという特徴があります。

 

前作のG400が445ccだったのに対して、G 410は455ccと少し大きくなりました。

 

鈴木愛もPINGの新作発表会に参加し、「ヘッドが大きくて安心感がある」と言っています。

 

G410プラスは、「飛びをP LUS 」をキャッチフレーズにしているドライバー。

 

深低重心構造でボールも上がりやすく、つかまりも良いドライバーです。アベレージゴルファーでも十分使用できるスペックだと思います。

鈴木愛のドライバースイング

鈴木愛のドライバースイングは、かなり特徴的です。

 

バックスイングで大きく右へ体重移動をしています。頭の位置もアドレス時から右へ移動していますね。

 

ただし軸はしっかりとしていますし、前傾角度もキープしていますから、スウェーにはなりません。

 

トップは、背中が目標方向に向くくらい捻転させて下半身主導でダウンスイングに移行します。

 

フォローでは、そのまま歩けるのではないかと思うくらい左に体重が移動していますね。

 

このように左右の体重移動を上手く使ってボールにパワーを与えているのが、鈴木愛のスイングです。

 

バックスイングで右に体重移動をすることができないアマチュアゴルファーは、鈴木愛のスイングを手本にすると良いかもしれませんね!

 

鈴木愛と比嘉真美子が使用しているpingドライバーの評判は!?

鈴木愛のアイアンスイング

鈴木愛は、アイアンショットの精度もかなり高いことで有名ですよね。

 

テレビで何回かショートアイアンでチップインイーグルを達成している所を見たからか、鈴木愛と言えば、攻めのアイアンショットをするイメージがあります。

 

2018年の鈴木愛のパーオン率は、約70%でランキングは17位です。

 

悪くはない数字ですが、パーセーブ率約89%ランキング2位という数字を見ると、もう少しだけパーオン率が上がれば…

 

と思いますが、鈴木愛はアイアンショットでピンを狙っていくタイプなので、パーオン率が少し悪くなっているのは仕方がないのかな…

とも思ったりもします。

 

「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」では、PING社のi210アイアンを使用していましたね。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%84%9B&imageId=206738

こちらのアイアンもトッププロ~アマチュアゴルファーまで使うことができるやさしさを持ったクラブです。

 

鈴木愛のアイアンショットのスイングは、基本的にはドライバーショットと同じ左右の体重移動が大きいスイングです。

 

ただ、アイアンショットの場合は、最後まで振り切らず、フィニッシュで少し抑えるような形になっていますね。

 

アイアンは、飛距離よりも方向性。ゴルフの基本ですね。

Pingゴルフの気になる評判は

鈴木愛のウエッジスイング

鈴木愛の2018年のリカバリー率は、約69%でランキング2位という結果でした。

 

パーオンできない時でもパーを取るアプローチの上手さが目立ちました。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%84%9B&imageId=199619

アプローチでできるだけ寄せて、得意のパターで、ワンパットで入れるというのが鈴木愛の強さです。

 

強いプロになるほど、アプローチの技を持っているものです。鈴木愛も、アプローチの技を持っています。

 

まず、鈴木愛はアプローチでもいろいろな道具を使うことができるのが、鈴木愛の技です。

 

例えば、芝が生え揃っていない場所からのアプローチでは、ユーティリティで15ヤードほどのアプローチをする場合もあります。

 

ユーティリティは、ソールが広く芝の上を滑りやすいのでザックリのミスを減らすことができるというメリットがあるからです。

 

ウェッジは、PING社のGLIDE 2.0 (50度SS/54度SS/58度SS)を使用。

思い通りにスピンをかけることができるのが、気に入っている理由だそうです。

 

アイアンショットもそうですが、鈴木愛はショットを打ってから手を離したり、しっかりとフィニッシュをとれなかったりすることがあります。

 

でも、ショットで手を離して、明らかにミスショットをしたというような顔をしているのですが、ボールはピンに寄っている…

 

このようなパターンが多いですね。

 

同じようなパターンが多いのが、松山英樹選手ですね。

 

(失敗した…)というような顔をしているのに、不思議なことにボールはピンに寄っていきます。

 

鈴木愛にとっては、ミスショットでも結果としてはナイスショットになっているという場合が多いです。

 

これは、ミスがミスになりにくいということで、このようなショットができるのが鈴木愛の強みです。アイアンショットをレベルブローで打つ選手にこのようなパターンが多いですね。

スポンサードリンク

まとめ

2017年の賞金女王、鈴木愛。

 

2018年は、2年連続で賞金女王も期待されましたが、ケガに悩まされたこともあり、アン・ソンジュに賞金女王の座を渡してしまいました。

 

でも、相次ぐケガに悩まされながら賞金総額¥140,234,839で賞金ランキング3位という結果は凄いですよね。

 

鈴木愛は、PINGと契約し、クラブもPINGの最新クラブを使用しています。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%84%9B&imageId=204614

常に新しいクラブを使っていくという鈴木愛の姿勢は良いと思います。

 

クラブは日々進化していますからね。

 

使い慣れたクラブを違うものに変えることは、プロなら大変勇気がいることですが、鈴木愛は勇気を持ってクラブを変えることで自分の技術力を進化させています。

 

2019年の賞金女王を狙うなら、やはりパーオン率を上げたいところですね。

 

まあ、賛否両論があるとは思いますが、常にピンを狙い続けるのではなくて時には安全にグリーンの真ん中を狙っていく姿勢も大事かなと思います。

 

また、狭いホールはティーショットをドライバー以外のクラブで打つという選択も視野に入れるとパーオン率が上がるのではないかと感じます。

 

パターが上手い選手ですからグリーンに乗せさえすればバーディーのチャンスはありますからね。

 

まあ、3パットすることはほとんどないでしょうから、パーセーブ率は上がるはずです。

 

アイアンショット時の体重移動ももう少し抑えて良いのではないかと思いますね。

 

アイアンショットに飛距離はいりません。

 

となれば、体重移動を抑えた方がミート率は上がるのではないかと思います。

 

そうすれば、パーオン率が上がりパターの上手い鈴木愛ならバーディー率もパーセーブ率も上がります。

 

さて、あなたはスイングのチェックを誰に行ってもらっていますか?まさか友人ではないでしょうね。

 

ライバルに差をつけるのであればやはりコーチの指導を受けて下さい。職場帰りの近くに練習スタジオがあれば時々スイングチェックしてもらいましょう。

 

評判の練習スタジオ

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。