Pocket
Facebook にシェア

永井花奈は、1997年生まれ、黄金世代よりも1つ上の世代の若手ゴルファーです。今回は永井がプロデビューから安定した成績を残しているスイングの特徴をウオッチしてみました。

 

 

永井花奈は2016年にプロテストに合格し、本格的にレギュラーツアーに参戦した2017年には、「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」で初優勝を飾り賞金ランキング20位でシード権を獲得しています。

 

 

2018年も38試合中予選落ちは10回と安定した成績を残し、賞金ランキング22位(4860万円)でシード権を獲得しました。

 

 

2019年はクラブをホンマからヤマハに変えました。どのような変化があるのでしょうか?シーズンは始まったばかりですが、予選落ちはありません。(第5戦ヤマハレディス終了時点)良い方向へ向かってくれれば良いのですが…

スポンサーリンク

永井花奈のゴルフ。ドライバーのスイングを徹底分析。

永井花奈のドライバーショットの特徴を見てみましょう。

 

 

2018年は、ドライビングディスタンス約230ヤードとそれほど飛距離が出る選手ではありませんが、フェアウェイキープ率は70%以上という安定感があります。

 

 

とにかく、安定感があるショットでフェアウェイを捉えてセカンドショットを有利な状況にすることができるというのが、永井花奈の強みですね。

 

 

2019年からクラブ契約をホンマからヤマハに替えてドライバーは、ヤマハ RMX ドライバー プロトタイプ01を使用しています。

 

因みに同じくヤマハ契約プロの福田真未もこのドライバーを使っています。

 

ヤマハ RMX ドライバー プロトタイプ01は、プロトタイプとしてまだ製品化されていないドライバーですね。

 

 

ヤマハ RMX ドライバー プロトタイプ01を使用したことで、右へのミスが少なくなったようです。つかまりが良いドライバーであるということですね。

 

 

永井花奈は、安定したドライバーショットを打てる選手ですが、ドライバーの飛距離を伸ばすことが課題でした。

 

 

2019年から辻村明志にコーチを頼み、本格的な飛ばすためのスイング改造に取り組んでいます。

 

 

永井花奈のドライバーショットのスイングは、基本的にはシンプルなスイングです。体の回転でクラブを上げて、体の回転でスイングをします。

 

 

シンプルなスイングですが、トップではしっかりと上半身が捻転し背中が目標方向に向いています。

 

 

インパクトでは、完全に左足に体重が乗った状態で低く長いフォローが印象的です。手でクラブを上げるのではなく、体の回転でクラブを上げるというアドバイスは、よく聞きますが、手でクラブを上げる傾向がある人は、永井花奈のスイングを目標とすると良いでしょう。

 

 

これは、個人的な感想ですが、永井花奈のスイングは若干ですがトップからダウンスイングに入るときに上半身と下半身が同時に左方向へ動いている印象があります。

 

 

もう少し、タメを作って下半身が先に動いた後に上半身が動き出すような形になれば、もう少しパワーが出るのではないかと思っています。

 

 

また、スイング中にコックがほどけるのが少し早いのでもう少しコックをほどくのを我慢してインパクトギリギリまでクラブが立って下りてくるようなスイングにした方が飛距離に関しては伸びるのではないかと思いますね。

スポンサードリンク

永井花奈のゴルフ。アイアンのスイングを徹底分析。

~永井のパーオン率は~
2018年の永井花奈のパーオン率は、約68%とまずまずの結果でした。永井花奈のアイアンスイングの素晴らしいところは、コンパクトなトップですね。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B0%B8%E4%BA%95%E8%8A%B1%E5%A5%88&imageId=206756

バックスイングでオーバースイングになるゴルファーが多い中、どんな状況でもコンパクトなトップで止めることができる永井花奈のアイアンスイングは多くのゴルファーが見習うべき点だと思います。

 

 

ワンピースのスイングで上げて下すだけというシンプルなスイングが再現性の高いスイングにつながっています。

 

 

永井花奈は2019年からヤマハと契約し、ヤマハ RMX アイアン プロトタイプを使用しています。永井花奈は、ヤマハのアイアンの印象について、

 

 

「良い意味で簡単なアイアン、球が高く上がってくれるし、多少ライが悪くてもボールを運べるイメージが持てる」と言っています。

 

 

アイアンもメーカーの努力によって日々進化しています。

 

 

難しいアイアンを使いこなすのも良いですが、これからの時代は、永井花奈のように簡単なアイアンを使いこなすことがプロとして上位に食い込むために重要なことかもしれませんね。

スポンサードリンク

永井花奈のゴルフ。ウエッジのスイングを徹底分析。

永井花奈はショットメーカーではなく、アプローチでスコアを作る選手です2018年の永井花奈のリカバリー率を見ても約66%と素晴らしい結果を出していますね。

 

 

また、サンドセーブ率も非常に高く、グリーン周りが上手い選手です。

 

 

更に言えば、コースマネジメントが非常に上手い選手で、アイアンでグリーンを外した時も安全な場所に外します。そして、アプローチで寄せてパーを取るというアマチュアゴルファーが手本にすべきゴルフをします。

 

 

永井花奈のアプローチ。

基本的には、SWを使うことが多いですね。よほど転がしたい時は、AWやPWを使うようですが、SW一本で多彩な弾道を打ち分けることができる器用な選手です。

 

 

ボールの位置とフェイスの開き具合を変えることで、キャリーとランの比率を調整し、自分のイメージした弾道を打っているようですね。

 

 

基本的には、ピッチエンドランを多用しますが、ふわりとボールを上げるロブショットも非常に上手い選手ですね。

 

 

2019年は、タイトリスト ボーケイ デザイン SM7 ウェッジを使用しています。

 

 

ボーケイと言えば、デザインのカッコよさとスピン性能の高さが魅力的なウェッジです。ショートゲームに強い永井花奈にピッタリのウェッジであると思いますね。

スポンサードリンク

永井花奈のゴルフ。ドライバーからウエッジまでのスイングを徹底分析のまとめ。

永井花奈は、基本的にはシンプルでコンパクトなスイングをする選手です。常に同じリズムで、同じスイングをすることができる選手なので、飛距離はありませんが、安定感があり、ミスショットが少ない選手です。

 

 

永井花奈の最大の強みはショートゲーム。

 

基本的にはスイングと同じようにシンプルなピッチエンドランで攻めて、ここ一番では柔らかいロブショットも使うことができる選手です。

 

欲を言えば、あとは飛距離ですね。

 

2019年から、上田桃子小祝さくらを指導している辻村明志にコーチを頼んだことで永井花奈のスイングがどう変わっていくか楽しみです。

 

 

永井花奈も、「5ヤード飛距離を伸ばしたい」と言っていますね。

 

 

彼女にとって、飛距離不足はアマチュア時代からの悩みであり、飛距離不足をアプローチの上手さやアイアンの上手さでカバーしてきた選手ですから、5ヤード飛距離を伸ばすだけで大きくゴルフのスコアが違ってくると思います。

 

 

もし、10ヤード飛距離を伸ばすことができたら…確実に賞金ランキング上位に食い込んでくる選手であると思います。課題がはっきりしているだけに、スイング改造による飛距離アップはそこまで難しいことではないように感じます。

 

 

永井花奈は、【2017】樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントで優勝していますが天候悪化で短縮競技でした。

 

 

本人的にもやはりしっかりと最終日まで戦って優勝したかったと思います。2018年は、安定した成績を残したものの、優勝はできませんでした。

 

 

時期的に見ても、実力から言ってもそろそろ永井花奈の2勝目が見たいと思っているのは私だけでしょうか?

 

 

ツアー優勝できる実力は十分に持っている選手なので、そろそろ永井花奈の2勝目に期待したいものです。ヤマハRMXで飛距離を伸ばし最終日に喜ぶ姿を早く見たいですね。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。