Pocket
Facebook にシェア

2018年は、賞金ランキング4位という自己最高の成績で終わることができた比嘉真美子プロ。

 

昔から飛距離を出すことができる選手でしたが、最近は飛距離だけでなく方向性も出てきました。

 

今回は、飛距離も出るし正確性も出てきた比嘉真美子のスイングの秘密を調べてみました。

 

プライベートでは、大相撲力士の勢と婚約するなど話題を呼びましたね。

 

2019年は、開幕戦でいきなり優勝するなど今勢いに乗っている選手です。

スポンサードリンク

比嘉真美子のスイング。

比嘉真美子のクラブは、2018年からPINGと契約しています。

 

当然、ドライバーもPINGのドライバーです。

 

2018年は、PING G400 LSテック ドライバー(10°)を使っていましたが、オフシーズンに同じくPINGのG410 PLUS (9度)を試したところ、

 

ヘッドスピードが、平均0.5m/sから0.8m/s上がり、初速もそれに応じて出るようになりました。

比嘉プロはこれを即採用して開幕戦の優勝につながりました。

 

良い意味でこだわりが少なく、良いものはすぐに採用する、最新クラブを使いこなす柔軟性が比嘉真美子の最大の長所かもしれませんね。

いまどきのクラブで飛ばすドライバースイング。

比嘉真美子のドライバーショットのデータを分析してみました。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%AF%94%E5%98%89%E7%9C%9F%E7%BE%8E%E5%AD%90&imageId=206327

2017年の比嘉真美子のドライバーショットは、平均飛距離約248ヤードでランキング7位です。

 

フェアウェイキープ率は、約56%でランキング80位という結果でした。

 

簡単に言えば、そこそこ、飛距離は出るけれども方向性が悪いという特徴がありました。

 

2018年の比嘉真美子のドライバーショットは、平均飛距離約254ヤードでランキング3位。

 

フェアウェイキープ率は、約63%でランキング52位という結果でした。

 

2017年に比べて、飛距離も方向性も向上しています。

ドライビングディスタンス

2017年:248.82(7位)
2018年:254.34Y(3位)↑

フェアウェイキープ率

2017年:56.8152%(80位)
2018年:63.7255%(52位)↑

ドライバーショットの向上が、2018年の比嘉真美子の躍進につながったと思います。

比嘉真美子のドライバーショットは何故飛ぶのか?

比嘉真美子は身長161cmとそれほど大きくなく、体格によるアドバンテージがあるわけではありませんが、ツアー屈指の飛ばし屋として有名です。

 

現在は、「気持ちよく振っているな」と思わせるような豪快なスイングをしています。

 

ですが、実は比嘉真美子は、2014年頃にドライバーイップスになっていたようです。

ドライバーイップス

そのころは、「ボールを打つのが怖い、ゴルフをやめたい」と思っていたほど苦労していたようですね。

 

以前は、ワイドスタンスでしたが、アドレスのスタンス幅を少しだけ狭くしたことがイップス克服につながったようです。

 

まあ、イップスは技術面だけではなく精神的な部分も大きいですからそれだけでイップスを克服したとは思えませんが、

 

いずれにせよ、イップスになってゴルフをやめてしまうプロも多い中、この復活劇は凄いと思います。

 

比嘉真美子が飛距離を出すことができる理由は、タメができるスイングだからであると思います。

 

高いトップからダウンスイングを開始し、インパクトギリギリまでクラブが立って下りてきます。

 

下半身主導でインパクト直前までタメを作り、インパクトでタメを一気に開放するからボールに力が伝わります。

比嘉プロの使用クラブpingのドライバーの記事はこちらです。

■関連記事

アイアンスイングの特徴。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%AF%94%E5%98%89%E7%9C%9F%E7%BE%8E%E5%AD%90&imageId=202326

比嘉プロのパーオン率

2018年、比嘉真美子のパーオン率は、約74%でランキング2位という結果でした。

 

2017年の比嘉真美子のパーオン率は、約69%でランキング16位でした

 

データから見ても、2017年よりも2018年の方が、パーオン率が飛躍的に向上しました。

 

もちろん、ゴルフは逆算のスポーツですから2018年は、ドライバーの平均飛距離やフェアウェイキープ率が向上したことが、

 

パーオン率が上がった要因としては大きいですが、比嘉のアイアンのスイングのキレも良くなってきた結果だと思います。

 

ドライバーで飛距離を出した上でフェアウェイをキープし、条件のよいフェアウェイからアイアンショットでピンそばにつけるというのが、2019年、比嘉真美子の必勝パターンですね。

 

 

2019年、開幕戦最終日で勝負を決めた17番ホールミドルホールでも、切れ味鋭いアイアンショットでココしかないという場所にボールを落とし、バーディーをとっています。

2018年は、ショットメーカーと言ってもよいほどのアイアンショットの切れ味を魅せた比嘉真美子。

 

ドライバーと比べ、アイアンショットは、方向性を重要視しているという意志を感じさせるスイングですね。

 

クラブを指1本~2本ほど短く持ってコンパクトなスイングをしています。

 

比嘉真美子のアイアンショットを見ると、アドレスから、バックスイング、フォローまで前傾角度がほとんど変わらないのがわかります。

 

前傾角度が変わらないので、安定したスイング軌道で再現性の高いスイングをすることができます。

■関連記事

ウエッジスイングの特徴は?

比嘉真美子は、ドライバーショットの飛距離が印象的ですが、元々アプローチが上手い選手としても有名です。

 

2018年のリカバリー率も約67%でランキング5位と素晴らしい結果でした。

 

比嘉真美子ほど飛距離が出ると、必然的にウェッジを使う機会が多くなるのでウェッジのクラブセッティングが重要です。

 

アマチュアゴルファーは、100ヤード以下はSW一本で打つというスタイルのゴルファーも多いと思います。

 

プロでもショートゲームでクラブによる打ち分けを好まないゴルファーもいますが、比嘉真美子はウェッジを3本入れて残った距離や状況によってクラブを使い分けるスタイルです。

 

個人的な印象かもしれませんが、比嘉真美子はバンカーに入れることが多いけれど、そこからリカバリーするテクニックを持っている選手です。

 

下半身を安定させ、ボールの少し手前にクラブヘッドを入れるエクスプロ―ジョンショット。

 

プロでも距離があるバンカーショットは寄せるのが難しいと言われています。

 

ですが、比嘉真美子はバンカーからでも距離感が良く、20ヤード、30ヤードほどの距離が長いバンカーショットも寄せてきます。

 

 

それは、PINGの分析結果からウェッジのロフト構成を (50) (54) (60) から(52) (56) (60) に変更したことも要因の一つですね。

 

このように、契約しているゴルフメーカーのアドバイスをしっかりと聞き入れることができるのも比嘉真美子の強みではないでしょうか。

 

アマチュアのスイングもやはりプロのアドバイスを聞き入れてスイングの修正を行うことも大事ですね。

 

駅近くの練習スタジオが多くなりました。あなたも是非一度は体感してみて下さい。

スポンサードリンク

まとめ

比嘉真美子は、何故飛ばすことができるのか、何故パーオン率が高いのかという点に関しては、やはり比嘉真美子のスイングが素晴らしいからという点が大きいですね。

 

特に、ダウンスイングのクラブが体の近くを通り、インパクト直前までクラブが立って下りてくるスイングは、理想的なスイングであり真似しようと思っても真似できるものではないですね。

 

ジュニア時代から逸材として、注目されていた選手ですが、2014年頃にドライバーイップスになり、中々活躍することができませんでしたが、

 

イップスを克服した比嘉真美子は、2018年、賞金ランキング4位と見事な復活劇を魅せました。

 

2019年開幕戦、「ダイキンオーキッドレディス」で強い風の中、安定したショットで優勝した比嘉真美子のスイングを見ていて、とても昔イップスで苦しんだとは思えませんでした。

 

それほど、素晴らしく、豪快なスイングだったと思います。

 

理想的なスイングを持っているだけでなく、今どきのクラブを使いこなすのも比嘉真美子の強み。

 

良いものはすぐに取り入れるという柔軟な考え方ができる比嘉真美子にとって、2018年にPINGと契約したことも大きな武器になったのではないかと思います。

 

理想的なスイングと最新クラブを使いこなす比嘉真美子。2019年は、賞金女王も夢ではないと思いますね。

 

スポンサードリンク

頑張れ比嘉真美子!!