Pocket
Facebook にシェア

94年生まれの代表女子プロゴルファーは何と言っても鈴木愛選手ですね。ご承知の通り2017年の賞金女王に輝いたパットの名手です。

 

しかし、残念ながらケガで一戦から離れた選手もいます。

 

今、98年生まれの黄金世代の選手が活躍していますが、94年生まれの女子プロゴルファーの応援もよろしくお願いします。

 

それでは彼女達のスイングとクラブセッティングを紹介します。

スポンサーリンク

女子プロゴルファー鈴木愛のスイングとクラブセッティング。

鈴木愛選手は1994年5月9日生まれで徳島県三好郡の出身です。

今、最も強いゴルファーと言って良いでしょう、鈴木愛を紹介します。

 

1994年生まれの選手ですが、最近は攻めるだけでなく安定したゴルフをすることができる強いゴルファーになりましたよね。

 

彼女のスイングは、体重移動を大きく使ったスイングですね。

 

体重移動を大きくすると軸が崩れやすいというのが定説ですが、彼女は軸が安定しています。

 

アマチュアゴルファーがこのように大きく体重移動を使ったスイングをすると、インパクトで体が伸びあがる、バックスイングでスウェーするといった悪い動きが出やすいですね。

 

ただ、鈴木愛のスイングの中にはこのような悪い動きはありません。

 

フィニッシュでは、一歩前に出るような形で完全に左側に体重が移動していますね。

 

これだけ体重移動をしても軸が崩れないのは、しっかりとした下半身の安定性があるからです。

 

だからこそ、飛んで曲がらないショットを打つことができます。

 

また、パターやアプローチの精度が高いというのも彼女の強みですね。

 

飛んで曲がらないドライバーショット、パーオン率が高いキレのあるアイアンショット、多彩なアプローチ、パターと全てにおいて高い水準を保っているから強いゴルファーなのでしょう。

 

鈴木愛の使用ドライバーは、PING G410 PLUS ドライバー。

 

“飛びをPLUS”というキャッチフレーズ通り、PING独自のフォージドフェイスによる初速の向上が期待できるドライバーです。

女子プロゴルファー大西葵のスイングとクラブセッティング。

大西葵は1994年7月13日生まれです。2014年にプロテストに合格している86期生です。

 

未だシード選手としての活躍はありませんが、4月開催のKKT杯バンテリン・レディース2日目で首位タイになったことでスイングの修正ができたのではと思います。

 

大西葵のスイングは、フラットなトップからレベルブローでボールを捉えるスイングです。

 

このようなスイングは男子プロに多く、体幹が強い大西葵だからこそできるスイングです。

 

持ち球はドローボールで、飛距離は240ヤードほど出る飛ばし屋ですが、フェアウェイキープ率は65%です。(12試合終了時点)ダックフックが出てしまうのでしょう。

 

大西選手も今、ダックフックを修正しているようです。

 

インパクトで左腰が浮き上がることで腰の回転が止まりヘッドが急激にかえってしまいボールは大きく左に曲がるダックフックが出てしまいます。

 

 

OBゾーンへまっしぐらなんてこともあるのでとても怖いですね。大西葵もよくあったようです。その修正法はカットボールを打つ練習だそうです。

 

 

大西葵大西葵

手元を急激に返さない意識はもちろんですが左腰を低い位置にキープしてお尻をその場で回す意識が大事です。

これでダックフックがストレートに近い球筋になったようです。是非参考にして下さい。

 

大西葵はギャル風メイクが似合っていてファッション性も高いラーメン大好き女子です。

 

使用ドライバーは、テーラーメイドのM6です。テーラーメイドのMシリーズは、非常に人気があるシリーズでM6も飛距離性能、方向性共に評価が高いクラブですね。

スポンサードリンク

女子プロゴルファー辻梨恵のスイングとクラブセッティング。

辻梨恵の誕生日は1994年1月28日です。2015年プロテストに合格している87期生です。かわいいルックスが魅力的な若手女子プロゴルファーですね。

 

実家は1426年から続く、お寺という異色の経歴を持つ選手で見た目も清楚で大和撫子というような印象ですね。

 

2019年はQTランキング29位の資格でツアー参戦しています。

 

高身長を活かした高いトップが特徴的で、遠心力を上手く使った大きなスイングをする選手です。

 

また、実家がお寺ということで座禅や茶道のたしなみもあり、それを活かした精神力の強さも彼女の強みかもしれませんね。

 

辻梨恵の使用ドライバーは、プロギアRS F。

左へのミスに強く、しっかりと叩けるドライバーです。

辻梨恵のクラブセッティング。そしてスイングと気になる彼氏の存在?

スポンサードリンク

女子プロゴルファー藤田光里のスイングとクラブセッティング。

藤田光里の誕生日は1996年9月26日です。プロテストは2013年に合格で85期生です。

 

北海道出身の道産子美人女子プロゴルファー。

 

LPGAツアー美女ランキングがあるとしたら、確実に上位に食い込んでくる美貌が魅力的です。

 

妹の藤田美里は、モデルをしているようですね。

 

美しいだけでなく、ゴルフの実力も素晴らしい藤田光里ですが、『肘部管症候群』を2016年11月に発症してしまいました。

 

ゴルファーにとって肘のケガはかなりきついですよね・・・

 

2019年は、下部ツアーを中心に参戦していますが、ユピテル・静岡新聞SBSレディースで優勝しフジサンケイレディスクラシックで5位タイに入るなど復活の兆しが見えてきています。

 

スイングは、低めに抑えたフラットなトップからのハイフィニッシュが特徴的です。

 

インパクトで右足の蹴りを使って全ての体重をボールに乗せるので、飛距離が出ます。

 

藤田光里の使用ドライバーは、GBB EPIC FORGED ドライバーですね。

 

割とやさしく、つかまりやすいドライバーなのでアマチュアゴルファーにもオススメできるドライバーです。

スポンサードリンク

94年生まれの女子プロゴルファーのスイングとクラブセッティングまとめ。

94年生まれの女子プロゴルファーの代表は今は鈴木愛選手ですが、藤田光里も忘れないで下さい。

 

その清楚なスタイルで世の男性ファンの心を掴みそのプレースタイルに大きな拍手で応援していたと思います。

 

しかしケガでトーナメントから離れ苦しい時間を過ごしてきました。ですが、19年はステップで復活優勝しファンの皆様の前に帰ってきています。

 

選手一人ひとりドラマがありゴルフをこよなく愛する選手が戦っています。そんな選手を応援して下さい。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを!!